Oracle Master(オラクルマスター)合格 受験記: OracleMaster Bronze DBA10g 合格受験記

2010年03月30日

OracleMaster Bronze DBA10g 合格受験記


受験当時11gが出始めたところで資料がなかったため、私が受験したのはOracle 10gですが、11gで大幅に試験内容が変わったわけではないので10gでの受験勉強法もオラクル資格取得の参考にしていただけたらと思います。

私は Oracle Master Bronze SQL 10g(1Z0-017J) → Oracle Master Bronze DBAT 10g(1Z0-041J)という順番で受験しましたが、順番はどちらでもいいですし、同じ日に2科目を受験するのもありです。

OracleMaster 10g Bronze DBATの勉強法を記載します。

Oracle Master Bronze DBA 10g(1Z0-041J)の勉強期間は2週間でした。

まずは、あえて2週間後に受験の予約をして、自分を追い込む効果を期待することにしました。

追い込まれないと、集中して勉強できないタイプの人間なので(^^;

受験チケットがあればプロメトリックでオンライン予約ができます。

週末は混むので、一週間前には予約しておくのが望ましい。

3日前まではキャンセルできるので、とりあえず予約しておくのもありです。

使用教材は
・通称黒本と呼ばれる翔泳社の「オラクルマスター(Oracle Master)教科書 Bronze 10g DBAT(1Z0-041J)」
・通称黒問題集と呼ばれるインプレスの「徹底攻略 オラクルマスター(OracleMaster) Bronze 10g DBAT問題集(1Z0-041J)」
上記の2冊を主に使用いたしました。

2冊に加え「絵で見てわかるOracleの仕組み」という書籍も使用しました。

図解入りで丁寧に解説してくれている参考書なので、オラクル未経験でオラクルの仕組みをしっかり理解したい方におすすめです。

▲Oracle Master Bronze DBAT勉強法
2週間(14日)と時間もなかったので通勤時間(行き、帰りで1時間)を利用し、電車内では黒本を主に読みました。
DBAはSQLと違って論理的に覚えることが多いので、正直私にとってはSQLよりはとっつきにくかったです。

こういうトラブルにはどうする?

という知識を問う問題が多かったように思います。

特にリカバリ周辺は必須で、ここをしっかり理解するとSilver受験にもとても有利になるのでじっくり勉強することをオススメします。

SQL受験時と同様、通勤時間に黒本を1〜2章やって、夜に問題集を1〜2章やるという平行作業で勉強しました。

最初のほうは実機も使用していましたが、後半はあまり使ってませんでしたね(^^;

使わなくても、黒本・問題集で結構図解入りで詳しく解説してくれているのでそれで十分理解できます。

それに正直受験では、OEM等のイラストで問題が出るパターンというのはほとんど無かったです。

平日に1〜2章、休日に2〜3章をこなして大体7〜9日程度で2冊を終えることができます。

問題集をやる際は、間違えたところ・正解したけど完全に理解していないところをチェックしておきます。

1通りこなしただけでは、記憶が曖昧な部分が多いのでまだ合格は難しいと思います。

残りの日数で、問題集でチェックしたところを再チャレンジしました。

わからないところは何度も読み直して理解することが大事です。

2回目の問題集チェックでも間違えたところや曖昧な部分は再びチェックです!

受験直前(1〜2日前)に三度目の問題集再チャレンジ(間違えたところだけ)を行います。

これで、もう問題集は90%以上ほどの正解率になっているはずです。

時間に余裕があれば黒本教科書の問題集もやりましょう。

私は時間がなかったので、黒本教科書の問題集はやりませんでした(^^;

結果、受験では約76%の得点を取得することができました。
oracle_bronze_dba_1.JPG

DBAはボーダーラインも低いので、見直しをする前に合格を確信できました。

「DBAは日本語的に曖昧な表現が多い」という噂が多かったので身構えてしまいましたが、曖昧だと感じたのは1,2問で十分に勉強して望めばSQL基礎よりはたやすく合格できます。

個人的には問題集を重点的にやって、わからない部分だけ黒本で補完するという方法でも十分合格できると思いました。

▲格安受験チケット(バウチャーチケット)の入手
Oracleの公式ページで受験チケットを購入すると、一枚定価22,600円[税込]ですが、ネットショップ等で購入すると割引価格で購入できます。

楽天市場の「楽天IT試験ドットコム」さんが最安値です。 (2枚まとめ買いでさらにお得。領収書発行可)

Bronzeを受験する場合は2枚購入がお得です。

かなりの割引率です。

→楽天IT試験ドットコム

受験チケット(バウチャーチケット)購入後はプロメトリックにてオンラインで3日前までならいつでも受験予約ができます。

基本的に受験は土日もやっています。(受験場所による。かつ、盆・正月はやってないと思います)

▲オススメの参考書
個人的ですが、参考書はインプレスの徹底攻略問題集をオススメします。

本番試験に同一の問題が出ることも多かったです。

2,3周して完璧に覚えればまず合格は可能です。

問題集なんですが、結構解説にも力を入れてくれているのでとてもありがたかったです。

理解の手助けとして、「Oracle Master 教科書[黒本](翔泳社)」や「絵で見てわかるOracleの仕組み」等がいいかと。

「絵で見てわかるOracleの仕組み」は図解入りでオラクルの構造を詳しく説明してくれているので、Oracleを仕組みからしっかりと理解したい人にオススメです。

実際にオラクルを使用している人は現場でも必ず役に立つと思います。

オラクルマスター教科書Bronze 10g DBA (1Z0-041J)

徹底攻略
Oracle Master Bronze 10g DBA(1Z0-041J
)問題集


絵で見て分かるOracleの仕組み

Amazonで購入(詳細を見る)

楽天ブックスで購入(詳細を見る)

Amazonで購入(詳細を見る)

楽天ブックスで購入(詳細を見る)


Amazonで購入(詳細を見る)

楽天ブックスで購入(詳細を見る)

オラクルマスター教科書Bronze 11g DBA (1Z0-018J)

 

徹底攻略
Oracle Master Bronze 11g DBA(1Z0-018J
)問題集


 

 

Amazonで購入(詳細を見る)

楽天ブックスで購入(詳細を見る)

Amazonで購入(詳細を見る)

楽天ブックスで購入(詳細を見る)  

 



Oracle Master(Silver・Gold)しかありませんがクラムメディア(Crammedia)問題集もいいです。

あまりの的中率の凄さで、これに頼りっきりになってしまうとヤバいと思いますが、受験勉強まで時間が取れない場合や試験直前の最終チェックとして使用するには最適の問題集です。

実際私もSilverの受験で使用したんですけど、90%ぐらいは同じ問題が出てました(^^;

詳しくはOracleMaster Silver10g合格体験の記事に記載してます。

Oracle Master Goldでもクラムメディア問題集が出ているようなのですが、こちらの的中率は60%〜70%程度らしいです。

→クラムメディア オラクルマスターSilver 10g 問題集
→クラムメディア オラクルマスターGold 10g 問題集




■流行はコレ〜楽天人気ランキング〜
ランキングに参加しています。 よろしければバナーを応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。