Oracle Master(オラクルマスター)合格 受験記: Oracle Master(オラクルマスター)Bronze Silverの合格率と手当て(報奨金)

2010年03月29日

Oracle Master(オラクルマスター)Bronze Silverの合格率と手当て(報奨金)

▲Oracle Master 10g Bronze Silverの合格率
オラクルマスターの正式な合格率は非公表のため正確な数値は判明していません。

受験者の知識やコンディション、使用教材によりいくらでも変動すると思いますが、俗に言う黒本教科書(翔泳社 OracleMaster教科書)と黒本問題集(インプレス OracleMaster徹底攻略問題集)を用いて試験に臨んだ場合の合格率は

・Oracle Master Bronze 10g → 70%〜80%
・Oracle Master Silver 10g → 50%〜70%

ぐらいになるのではないかと個人的には思います。

もちろん黒本教科書と黒本問題集をやるといっても一回読んだだけだったり何回も繰り返して読んだりで合格率は大きく変わるはずです。

でも実際は、たいして勉強してない人や会社からの指令で受験する人もいるので、本当の合格率は

・Oracle Master Bronze 10g → 40%〜60%
・Oracle Master Silver 10g → 30%〜50%

ぐらいが実際の数値に近いのではないか思います(実際に試験を受けた上での完全な個人的見解です。)

私の会社の人間も2人ほどOracleMaster Bronze 10g DBAで落ちてます。

黒本教科書・問題集を軽く一通り眺めただけと言ってたので自業自得だと思いましたが・・

その2人は普段SQL(DBはオラクルではない)は使ってたのでSQL基礎Tのほうには一発で合格してました。

巷ではeラーニングという教材を使った場合の合格率(Bronze 10g)は80%以上らしいですが価格が5万円近くするし、勉強期間は180日(半年)となってます。

「半年も勉強すりゃ、そりゃ普通に合格するだろ」というのが率直な意見。

Silverの方は実務経験のない私にとっては本当に難しいと思いましたが、"Silver 10g合格体験記"でも紹介しているクラムメディアという問題集があるので合格しようと思えば誰でも合格できる試験に成り下がっちゃってますね。

▲Oracle Masterの手当て(報奨金)

オラクルマスター資格を取得すれば手当てが気になりますが、実際はGold以上でないと月々の手当は支給されず、一時手当金(報奨金)が多いのが現状です。

私もBronze10g,Silver10gを取得しましたが、報奨金のみでした。

報奨金だけでも結構大きいので嬉しいですが(^^;

一般的に月々の場合の手当金額は

Silver → 4,000円〜6,000円
Gold → 8,000円〜10,000円
platinum → 10,000円〜20,000円

ぐらいが相場です。

こちらのサイトにIT関連の資格手当て一覧が載ってます
→Tech総研(IT資格一覧)




■流行はコレ〜楽天人気ランキング〜
ランキングに参加しています。 よろしければバナーを応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。