Oracle Master(オラクルマスター)合格 受験記: オラクルマスター Bronze 10g SQL基礎T 合格受験記

2016年12月10日

2017オラクル認定試験再受験無料キャンペーン実施中

平成28年12月2日よりOracle認定資格試験の再受験無料チケットキャンペーンが行われてます。

前回実施された再受験無料チケットキャンペーンと方式は同じで初回受験時にキャンペーンコードを入力することで受験に落ちた場合、再受験の料金が無料になります。

試験申込時に入力する今回のキャンペーンに対応するキャンペーンコードは「RETAKE17P」になっています。
オラクル社のキャンペーンページにも記載があります。

[2016年オラクル認定資格試験再受験無料キャンペーン適用期間]
2016年12月2日-2017年5月31日

[対応資格]
・オラクルDataBase12c試験(12cSQL基礎・Bronze DBA 12c etc)
・Java試験(JavaSE7プログラマ・JavaSE8プログラマ・Java EE6系試験 などなど)

キャンペーン適用期間や対応資格はOracle社サイトにて詳細を確認できます。

この度、再受験無料キャンペーンのシステムが変わったことで注意点が二つあります。
・1回目の受験は2017年5月31日までに終了している必要がある
・2回目の受験は2017年7月15日までに終了している必要がある

1つ目は2017年5月31日までに受験を申込する、ではなく5月31日までに受験が完了している必要があるという事です、2つ目も同様です。
バウチャーチケットには有効期限がありますが、バウチャーチケットの有効期限は再受験無料キャンペーン期間には全く関係ありません。

受験チケット自体に再受験無料かどうかの属性がなくなったので、基本的にどこで再受験無料チケットを購入しても再受験無料キャンペーンを適用することが可能となっています。

受験チケットはOracle公式サイトにて購入すると定価28,728円(税込)ですが、楽天市場IT試験ドットコムで購入すると26,720円(税込)で購入できます。






■流行のアイテムがすぐわかる〜楽天売れ筋ランキング〜


ランキングに参加しています。 よろしければバナーを応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ


2016年03月26日

オラクル認定資格試験再受験無料キャンペーン実施中2016

2016年度のオラクル認定資格試験の再受験無料キャンペーンが現在実施されています。

2016の再受験無料チケットキャンペーンはこれまでの再受験無料キャンペーンとはシステムが少し違っているようです。

これまでは、(再受験無料バウチャー、再受験無料チケット)と呼ばれていて受験バウチャーのチケット番号自体に再受験無料可能かどうかが割り当てられていましたが今回は受験の際に入力する「プロモーションコード」を入力することで再受験無料キャンペーンが適用されるようになっています。
なので受験チケット単位で再受験無料どうこうではなく、受験申込時にオラクル社が再受験無料キャンペーン実施中かどうかが重要になります。

受験申込時に入力する今回のキャンペーンに対応するキャンペーンコードは「RETAKE16JP」になります。
Oracle社のキャンペーンページにも記載されています。

[2016年Oracle認定資格試験再受験無料キャンペーン実施期間]
2016年1月22日-2016年5月31日

[対応資格]
・OracleDatabase12c試験(12cSQL基礎・Bronze DBA 12c etc)
・Java試験(JavaSE7プログラマ・JavaSE8プログラマ・Java EE6系試験 etc)

キャンペーン実施期間や対応資格はオラクル社サイトにて確認できます。

このたび、再受験無料キャンペーンのシステムが変わったことで注意点が二つあります。
・1回目の受験は2016年5月31日までに終了している必要がある
・2回目の受験は2016年7月15日までに終了している必要がある

1つ目は5月31日までに受験を申込するのではなく、5月31日までに受験が完了している必要があるということです、2つ目も同じです。
受験チケットには有効期限がありますが、受験チケットの有効期限は再受験無料キャンペーン期間にまったく関係ありません。

受験チケット自体に再受験無料かどうかの特性がなくなったので、基本的にどこで再受験無料チケットを買っても再受験無料キャンペーンを適用することが可能です。

受験チケットはOracle公式サイトにて購入すると定価28,728円(税込)ですが、楽天市場IT試験ドットコムで購入すると26,720円(税込)と割安で購入できます。

→Oracle公式受験チケット購入ページ
→楽天市場IT試験ドットコム


■流行のアイテムがすぐわかる〜楽天売れ筋ランキング〜


ランキングに参加しています。 よろしければバナーを応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ


2010年03月31日

Oracle Master(オラクルマスター) Bronze 10g SQL基礎T 合格受験記

受験当時11gが出始めたところで資料がなかったため、私が受験したのはOracle 10gですが、11gで大幅に試験内容が変わったわけではないので11gで試験に挑む方もオラクル資格取得の参考にしていただければと思います。

私は Oracle Master Bronze SQL 10g(1Z0-017J) → Oracle Master Bronze DBAT 10g(1Z0-041J)という順番で受験しましたが、順番はどちらでもいいですし、同じ日に2科目を受験するのもありです。

OracleMaster 10g Bronze SQL基礎Tの勉強法を記載します。

Oracle Master Bronze SQL 10g(1Z0-017J)の勉強期間は2週間でした。

まずは、あえて2週間後に受験の予約をして、自分を追い込んで集中する効果を期待することにしました。

追い込まれないと、集中して勉強できないタイプの人間なので(^^;

2011年6月移行、試験予約はピアソンVUEのみとなりました。 詳しくは「オラクル認定試験 ピアソンVUEでの予約方法」を参照ください。

使用教材は
・通称黒本の翔泳社「オラクルマスター(Oracle Master)教科書 Bronze 10g SQL基礎T(1Z0-017J)」
・通称黒問題集のインプレス「徹底攻略 オラクルマスター(OracleMaster) 10g SQL基礎T問題集(1Z0-017J)」
上記の2冊を主に使用いたしました。

2冊に加え「絵で見てわかるOracleの仕組み」という書籍も使用しました。

図解入りで丁寧に解説してくれている参考書なので、オラクル未経験でオラクルの仕組みをしっかり理解したい方におすすめです。

▲Oracle Master Bronze SQL基礎T勉強法
2週間(14日)と時間もなかったので通勤時間(行き、帰りで1時間)を利用し、電車内では黒本を主に読みました。
SQLの受験なので、実機でするほうがいいんですが、電車内の黒本学習では無理なので主に関数の役割や文法などを覚えるのに集中しました。

通勤時間に黒本を1〜2章やって、夜に問題集を1〜2章やるという平行作業で勉強しました。

家では問題集の答えあわせには必ず実機を用いてSQLを打ち込み。

翔泳社の黒本にお試し版CDが付いているので、それでOracle環境を作れます。

平日に1〜2章、休日に2〜3章をこなして大体7〜9日程度で2冊を終えることができます。

問題集をやる際には、間違えたところ・正解したけど完全に理解していないところをチェックしておきます。 (1通りこなしただけでは、記憶が曖昧な部分が多いのでまだ合格は難しいと思います。)

残りの日数で、問題集でチェックしたところを再チャレンジしました。

わからないところは黒本も読み直して理解することが大事です。

2回目の問題集チェックでも間違えたところや曖昧な部分は再びチェックです!

受験直前(1〜2日前)に三度目の問題集再チャレンジ(間違えたところだけ)を行います。

これで、もう問題集は90%以上ほどの正解率になっているはずです。

時間に余裕があれば黒本教科書の問題集もやりましょう。

私は時間がなかったので、黒本教科書の問題集はやりませんでした(^^;

受験結果は36/40で9割の得点を取得することができました、繰り返しやって実機も用いて記憶を固めていったのが良かったと思います。
oracle_bronze_sql_1.JPG

個人的には黒問題集を重点的にやって、わからない部分だけ黒本教科書で補完するという方法でも十分合格できると思いました。

▲格安受験チケット(バウチャーチケット)の入手
Oracleの公式ページで受験チケットを購入すると、一枚定価22,600円[税込]ですが、ネットショップ等で購入すると割引価格で購入できます。

現在は楽天市場の「楽天IT試験ドットコム」さんが最安値でした。 (領収書発行可) ネットではかなりの割引率です。
まとめ買いで割引率があがります。

Bronzeを受験する場合は2枚購入がお得です。

→楽天IT試験ドットコム

受験チケット(バウチャーチケット)購入後はプロメトリックにてオンラインで3日前までならいつでも受験予約ができます。 基本的に受験は土日もやっています。(受験場所による。かつ、盆・正月はやってないと思います)

▲オススメの参考書
個人的ですが、参考書はインプレスの徹底攻略問題集をオススメします。

本番試験に同一の問題が出ることも多かったです。

2,3周して完璧に覚えればまず合格は可能です。

問題集なんですが、結構解説にも力を入れてくれているのでとてもありがたかったです。

理解の手助けとして、「Oracle Master 教科書[黒本](翔泳社)」や「絵で見てわかるOracleの仕組み」等がいいかと。

「絵で見てわかるOracleの仕組み」は図解入りでオラクルの構造を詳しく説明してくれているので、Oracleを仕組みから しっかりと理解したい人にオススメです。

実際にオラクルを使用している人は現場でも必ず役に立つと思います。

オラクルマスター教科書Bronze 10g SQL基礎T(1Z0-017J)

徹底攻略
Oracle Master Bronze 10g SQL基礎T(1Z0-017J
)問題集


絵で見て分かるOracleの仕組み

Amazonで購入(詳細を見る)

楽天ブックスで購入(詳細を見る)

Amazonで購入(詳細を見る)

楽天ブックスで購入(詳細を見る)


Amazonで購入(詳細を見る)

楽天ブックスで購入(詳細を見る)

オラクルマスター教科書Bronze 11g SQL基礎T(1Z0-051J)

 

オラクルマスター教科書
Bronze 11g
SQL基礎T[1Z0-051J]


 

 

 Amazonで購入(詳細を見る)

楽天ブックスで購入(詳細を見る)

Amazonで購入(詳細を見る)

楽天ブックスで購入(詳細を見る)

 



Oracle Master(Silver・Gold)しかありませんがクラムメディア(Crammedia)問題集もいいです。

あまりの的中率の凄さで、これに頼りっきりになってしまうとヤバいと思いますが、受験勉強まで時間が取れない場合や試験直前の最終チェックとして使用するには最適の問題集です。

実際私もSilverの受験で使用したんですけど、90%ぐらいは同じ問題が出てました(^^;

詳しくはOracleMaster Silver10g合格体験の記事に記載してます。 Oracle Master Goldでもクラムメディア問題集が出ているようなのですが、こちらの的中率は60%〜70%程度らしいです。

→クラムメディア オラクルマスターSilver 10g 問題集

→クラムメディア オラクルマスターGold 10g 問題集


■流行のアイテムがすぐわかる〜楽天売れ筋ランキング〜


ランキングに参加しています。 よろしければバナーを応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ


2010年03月29日

Oracle Master(オラクルマスター)Bronze Silverの合格率と手当て(報奨金)

▲Oracle Master 10g Bronze Silverの合格率
オラクルマスターの正式な合格率は非公表のため正確な数値は判明していません。

受験者の知識やコンディション、使用教材によりいくらでも変動すると思いますが、俗に言う黒本教科書(翔泳社 OracleMaster教科書)と黒本問題集(インプレス OracleMaster徹底攻略問題集)を用いて試験に臨んだ場合の合格率は

・Oracle Master Bronze 10g → 70%〜80%
・Oracle Master Silver 10g → 50%〜70%

ぐらいになるのではないかと個人的には思います。

もちろん黒本教科書と黒本問題集をやるといっても一回読んだだけだったり何回も繰り返して読んだりで合格率は大きく変わるはずです。

でも実際は、たいして勉強してない人や会社からの指令で受験する人もいるので、本当の合格率は

・Oracle Master Bronze 10g → 40%〜60%
・Oracle Master Silver 10g → 30%〜50%

ぐらいが実際の数値に近いのではないか思います(実際に試験を受けた上での完全な個人的見解です。)

私の会社の人間も2人ほどOracleMaster Bronze 10g DBAで落ちてます。

黒本教科書・問題集を軽く一通り眺めただけと言ってたので自業自得だと思いましたが・・

その2人は普段SQL(DBはオラクルではない)は使ってたのでSQL基礎Tのほうには一発で合格してました。

巷ではeラーニングという教材を使った場合の合格率(Bronze 10g)は80%以上らしいですが価格が5万円近くするし、勉強期間は180日(半年)となってます。

「半年も勉強すりゃ、そりゃ普通に合格するだろ」というのが率直な意見。

Silverの方は実務経験のない私にとっては本当に難しいと思いましたが、"Silver 10g合格体験記"でも紹介しているクラムメディアという問題集があるので合格しようと思えば誰でも合格できる試験に成り下がっちゃってますね。

▲Oracle Masterの手当て(報奨金)

オラクルマスター資格を取得すれば手当てが気になりますが、実際はGold以上でないと月々の手当は支給されず、一時手当金(報奨金)が多いのが現状です。

私もBronze10g,Silver10gを取得しましたが、報奨金のみでした。

報奨金だけでも結構大きいので嬉しいですが(^^;

一般的に月々の場合の手当金額は

Silver → 4,000円〜6,000円
Gold → 8,000円〜10,000円
platinum → 10,000円〜20,000円

ぐらいが相場です。

こちらのサイトにIT関連の資格手当て一覧が載ってます
→Tech総研(IT資格一覧)

■流行のアイテムがすぐわかる〜楽天売れ筋ランキング〜


ランキングに参加しています。 よろしければバナーを応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ


2009年03月16日

ヨドバシカメラ Oracle Coherenceを活用してECサイト刷新

ヨドバシカメラがOracle Coherenceを活用してわずか3ヶ月でECサイト(www.yodobashi.com)を刷新しました。

自分自身、yodobashi.comは結構利用するんですが、確かに人気商品を購入するときでも、レスポンスが遅かったり、サーバーが不安定にすることはありませんね。

ほかの中小の企業だと人気商品の発売日などにサーバーがダウンしたりすることってまだまだありますからね・・・

これからもECサイトの重要性が落ちていくこともないだろうし、非常によい選択をしているのではないでしょうか。

わずか3ヶ月でECサイトを刷新していたということにも驚きですね。

どのような背景でサイトリニューアルを行ったか、Oracle Coherenceのすごさとは?が掲載された記事もpdfとして掲載されているので興味のあるかたは是非ごらんになってください。

→ヨドバシカメラOracle Coherenceを活用して3ヶ月でECサイトを刷新


■流行のアイテムがすぐわかる〜楽天売れ筋ランキング〜


ランキングに参加しています。 よろしければバナーを応援クリックお願いします↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ
にほんブログ村 資格ブログ スキルアップへ


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。